活動紹介

「設計班」と「電装班」

ROBOSTEPではロボット製作を円滑に進めるため、「設計班」と「電装班」の2つに分かれて活動をしています 。設計班は機体の設計や組み立てを、電装班は回路製作や制御の実装を行います。

 

ロボット製作の流れ

大会の規模が違っても、ロボコンまでの作業のおおまかな流れはあまり変わりません。ルール発表から大会本番まで、どんな流れで準備を進めるのか紹介します。

1. ルール発表

ROBOSTEPが参加するロボコンでは毎年ルールが大きく変わります。
ルールが発表されたらチームで読み合わせをして機体の方針を話し合います。

2. CAD設計 (設計班)

CADソフトを使いロボットの形を細部まで決めていきます。
CAD上で機体が完成したら、部品ごとに図面を作成します。

 

3. 加工・組立

図面を描き終わったら加工を始めます。金属加工が主で様々な工作機械を使います。
加工が完了したら出来上がった部品を組み立てていきます。

 

4. 回路製作 (電装班)

ロボットを動かすための回路作成を行います 。

 

5. 制御 (電装班)

ロボットの動作を制御するプログラムを書きます。機体に実装して問題を洗い出し、調整を進めます。

 

6. 大会本番

本番フィールドでテストランを行い、本番環境に対応できるように試合直前まで調整を続けます。